フォト
無料ブログはココログ

« フリーマガジンに掲載されています | トップページ | 室内での靴下について。 »

2015年11月 8日 (日)

バレエシューズは纏足シューズ!?

こんにちは。

タイトルのバレエシューズというのは
バレーボール用のでもバレリーナが履くものでもなく、
こちら
Fashionichibasanki_1403158h

幼稚園や保育園で履く子供達が多いと思いますがこの靴の事です。


足育活動を始めるまで、私自身も子供にこのシューズを履かせていました。
でもこのシューズ、足育アドバイザー®になってから知ったのですが、
纏足シューズと呼ばれるほどのある意味でスゴいシューズだったんです。
纏足(てんそく)というのは、昔の中国で子供の足をわざと小さい、キュンキュンな靴を履かせた結果、ものすごい状態になった足の事です。
500x362xboundfeetjpgpagespeedicx20j 引用 ソンダバーラ。
この靴の中で足がどのようになっているか。。。
の写真は慣れない方にはショッキングなのであえて掲載しませんが、想像しただけでも痛々しいですよね〜bearing

さすがにバレエシューズだけではここまでひどい状態にはならないとはいえ、
成長期の子供達がこのバレエシューズを履き続ければ、足は悲鳴を上げることに変わりないのです。
なにがダメなのか。。。いっぱいあります。

まず、靴の形が足の形に添ってないので、足の指が圧迫されて、
纏足のように指が変形してくる事があります。
横幅も狭く、我が子もそうだったのですが、横幅の広い子にはキツキツのパンパンです!
まさしく纏足状態!!!
我が子は小指の爪が半分だけ欠ける。という状態になってしまいましたcrying
幅の狭い子には合ってるように思いますが、前滑りしやすいシューズなので、
指を圧迫する事には変わりないですし、これで走るとパタパタ音をたてるように走ります。スリッパで走ってる様なものです。

さらに靴底が薄くて、クッション性がなく、コンクリート床などの校舎では足への負担が半端ないです。
ベルトがゴムなのも問題です。洗って緩んだら、足をホールドする機能はほとんど失われます。おニューだって、ゴムですから、留まってるようで留ってませんよ
私たちがおススメしているのは、ベルトがマジックテープなどでしっかり留められるタイプのものです。


ね!すんごいシューズでしょ!?


子供が通う幼稚園では入園時、この白のバレエシューズを履かせてください。
という記述がありました。指定ではないですが。。。ぐらいの書き方です。
そうすれば、みなさんこれを履かせる訳です。
我が子も疑いなく履いていました。

でも、足育アドバイザー®になってからは白なら他のものでも良いですか?
とお願いして、違うものを履かせていました。

私以外にもチラホラ,バレエシューズ以外のシューズを履いている子は結構いて、
おそらく足幅が広い子は履けないんだな〜。履けない子は靴を変える事に気がつくけど
履けちゃう子は気がつかないよな〜もったいないなぁ〜
と客観視していたのですが、
やっぱり、自分の子だけ足育やっても良くないな。と思い、
思い切って幼稚園の先生にお手紙と、足育のパンフを渡して、
バレエシューズは纏足シューズなんですよ!!と訴えてみました。


しばらくすると、幼稚園からお電話mobilephoneがありました。
『色々検討した結果、入園時のお手紙にバレエシューズという記載をやめる事にしました。』
とおっしゃってくださいました。uphappy01
『昔ながらの考えはやめにしてみようと思います。』
という嬉しいお言葉もheart04
入園願書の配布時期なこともあり、
幼稚園ではこれ以上のことは難しいそうですが、
私のお手紙一つで、そこまで考えて頂けた事は、とてもすごい事で、
とても勇気のいった事だと思います。
本当にありがとうございましたsign03


足育活動は本当に身近なところから少しずつですが広がっています。
個人的な事情もあり、大きく動けないところもありますが、
一歩ずつ前進しています。焦らずブレずにしっかりと進んでいきたいと思います。
皆様のご協力も感謝いたします。

« フリーマガジンに掲載されています | トップページ | 室内での靴下について。 »

足育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589300/62641512

この記事へのトラックバック一覧です: バレエシューズは纏足シューズ!?:

« フリーマガジンに掲載されています | トップページ | 室内での靴下について。 »