フォト
無料ブログはココログ

« 室内での靴下について。 | トップページ | M支援センターへ足育講座にいってきました。 »

2016年1月30日 (土)

靴下のサイズについて。

今日もまた靴下の話です。

小さなお子様を持つお母さんからの質問で、paper
『靴下ってどんなものを選べば良いですか?』
というものがありました。
そのお母さんには15cmの靴を履きはじめたばかりのお子様がいらっしゃいます。
今まで13〜15cmの靴下を履いていましたが、
そろそろワンサイズ上のものを購入したいと言う事だったのです。

その次というと、15cm〜のものなのですが,
靴下売り場を見てみると、15〜19cm、というサイズの靴下が売っています。
16〜19cmというのもありますね。

ですが、それでは15cmになったばかりのお子様には大きいと思います。
お母さんもそれで悩んでいらっしゃいました。sad
靴下をご購入の際は
13〜15cm
16〜18cm
といった2cm間隔のサイズ展開のものを選んで頂けると良いと思います。
あとはゴムの強さや、生地厚みや収縮など、色々希望はありますが、
一番お子様の足に近いサイズのものをお選びいただくのがベターです。
ちなみに、15cmの靴を履きはじめたばかりの子の場合
13〜15cmの靴下でも大丈夫な場合もあります。(靴下の状態にもよりますが)
靴下を履かせた時に、踵部分が、前の方に来てしまっている場合は、サイズアップして下さいね。

靴下が小さい場合。
キュンキュンになってしまった靴下は足指先を上手にのばせず、
靴下の中で指が圧迫されてしまう事もあります。sweat01
逆に大きい場合、
すぐ脱げてしまったり、靴の中で折れ曲がったり、脱げそうな靴下を踏んで転んでしまったりする事があります。sweat02

ちなみに。。。
滑り止めがついている靴下が15cmからなくなるものがほとんどです。
急になくなって不安になるかもしれませんが、
足育の観点からいくと、自分の足でグリップを作り、自分の足で止まる事のできる足作りをするには、滑り止めに頼らない方が良いのではないのかな。と感じます。
その為には、前記事で書いた通り、基本的に室内は裸足で過ごされるのが安全にもよいのでオススメです。

« 室内での靴下について。 | トップページ | M支援センターへ足育講座にいってきました。 »

足育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589300/63143458

この記事へのトラックバック一覧です: 靴下のサイズについて。:

« 室内での靴下について。 | トップページ | M支援センターへ足育講座にいってきました。 »